KOBE育ちのフレブル 乙姫日記

神戸で育ったフレンチブルドッグの乙姫は2015年4月19日(11才6ヶ月)虹の橋を渡りました。やんちゃな妹・姫乃の散歩、お出かけ、乙姫の思い出も書いていこうと思います

乙姫の病気の事で、長々と続いて更新してしまい
姫乃は・・・と思ってる方もいると思うので
この記事は姫乃メインで。


Image020.jpg
乙姫が手術した翌日、天気も良く
毛布を畳の上で広げて干してると
姫乃がやってきて、お座りして
光合成を浴びてる。

気持ちよかったのかこの後
Image023.jpg
グ~グ~。ママが乙姫の世話をしてても
姫乃は大人しく、気持ちよく寝てました。


姫乃の写真も最近撮影拒否されて、この2枚。

姫乃が寝ている間にママは久々に手作りを。

Image025.jpg
乙姫が傷口をなめないように、布でエリザベスカラーを作成。
以前に姫乃用に病院で頂いたのを元に乙姫用に合わせて作りました。
きているもこもこの生地のパーカーもママ作成で
丈がちょうど傷口に当たらずに着れるので、暫く
着せてます。


エリザベスカラーをしている正面のお顔は???
Image024.jpg
つけたまま、グ~グ~と寝息を立てて寝てます。
布のエリザベスカラーは、やらかいので乙姫自身
このままで抜糸の日まですごしました。
傷口を舐めることもなかったので、よかったです。


乙姫、姫乃ともに最近、甘えた度が増してる感じです。
スポンサーサイト
続きです。

乙姫を抱いて帰宅して、姫乃を出すと
乙姫はトイレを。夜はゆっくり眠れるように
ゲージに入れてそっとしてました。
姫乃はゲージの傍に座ってるんです。
察知したのか、姫乃が変りました。


術後すぐの傷口写真ですのでスルーして
頂いても構いません。
乙姫の術後帰宅してからの写真です。

Image016.jpg
ストローのようなものは、中にたまった血を出すためのもので
帰宅後、次の日に病院へ行くまで出なかったので、翌日に病院で
外して頂きました。抜いた後が下の写真です。

Image027.jpg
手術翌日には、普通に歩いてました。
食事も鎮痛剤や抗生物質を飲ますために少しずつ
量を増やしながら与えましたが、術後帰宅してから
ご飯を与えたら、完食しました(いつもの四分の一ですが)

その後、術前と変わらないような感じで過ごして
2月19日に抜糸に行きました。
抜糸も全て取って頂き、病理検査結果を聞きました。
「今回の手術で腫瘍のあった周りにも転移は見られないし
内臓等への転移も見られないので、抗がん剤治療は
しなくていいでしょう。」と。

ホッと一安心です。
Kちゃんママさん、Eくんママさん、Gくんママさんにも
メールで連絡しました。

先生から、お散歩OKが出たので、お友達を誘って
ハーバーランドへお散歩に。


今回の乙姫の病気で、これからの乙姫との接し方や
病気の経過観察など気にしながら、過ごしていこうと思ってます。

術後、姫乃は・・・。

次の更新で。
続きです。

乙姫は姫乃と仲良く寝たり、暴れたり。
ママが心配なのは、手術成功とグレードと
もうひとつ。
行き慣れた病院へ乙姫を預けると言う事が心配でした。
今までは病院へ行っても一緒に帰宅だったけど
手術となると朝から預けて、夜にお迎えで・・・。等など。
ママの心配をよそに、こんな感じで過ごしてた乙姫と姫乃。

Image004.jpgImage006.jpg

Image009.jpg Image010.jpg
こんな顔で写真撮影に協力してくれたり、ず~~っとくっついて寝てました。

平成24年2月4日 朝一で病院へ。今月はネコのシニア検診月間でいっぱい。
そんな中、待つ事30分。
術前の問診や再診で先生にお願いして、乙姫は大好きな院長先生に挨拶。
ママは、「終わったら連絡します。」との院長先生の言葉に「お願いします」と
伝え、仕事へ。手術が何時頃から始まり、何時ぐらいに終わるかを聞いていたので
仕事中も時計に目がいってばかり。

午後4時23分、院長先生から電話があり
「麻酔も覚めて、手術室から今出ましたので・・・。何時頃に迎えに来れますか?」と
迎えに行く時間を告げて、手術という大きい壁をまず一つクリアした事に
少しホッとしました。

手術が終わった事をKちゃんママに連絡したら
「よかったね~。はよ迎えに行ったりよ~」と。

仕事を終えて、病院へ。診察終了時間だというのに数人が待ってました。
看護士さんは待ってる間に「乙姫ちゃん、麻酔から覚めた
第一声が鳥のような鳴き声だったよ」と。
病院で普段うんともすんとも言わないのに
鳴き声出したからびっくりしたようでした。

ママが心配していた病院での初のお預かりも
大人しくて、置物状態だったと。
看護士さん達も乙姫が預かりで病院にいる事に
違和感があったようです。

診察室へ入るなり、喜ぶかと思えば拗ねたような顔。
先生は
「手術はうまくいきました。麻酔から覚めるのも凄く早かったですよ。」と。
後は、今後の話しや抜糸の日取りを決めて・・・。
先生と話している間、乙姫は診察室でうろうろ。
無理して歩かなくていいのに、動いてました。

いざ帰宅するのに診察室からは出たものの、帰宅拒否。
乙姫を抱いて、車で帰宅してからが大変。


もう一度続きます。
1ヶ月と半月ぶりの更新。
ブログをお休みしていた間にも、いろいろな方達から
「どうしたの?何かありましたか?」と連絡頂きました。
ブログをお休みしていた理由を書けるようになりましたので
書きます。(長くなりますので・・・)


昨年12月25日クリスマスの日に乙姫は足先を舐め舐めしてるので
再診と姫乃は顔のしわしわを痒がるので再診とで、病院へ。
診察台で乙姫を診察中にママが乙姫の足を触っていて、見つけてしまった・・・。


「シ・コ・リ」

担当先生はすぐに細胞針検査をして、結果は年内にわかるので
連絡しますと・・・。待つ事3日。

ママから病院へ連絡して、結果を聞きました。
乙姫のシコリは
『肥満細胞腫』
肥満細胞腫は乙姫のお友達も経験していて、いろいろと話しは聞いてたけど
ママの心は落ち着かなくて、Kちゃんママさんに電話で聞いてもらい
Eくんママさんにはメールでお話しを聞いてもらい、Gくんママさんに
メールでお話しして・・・。


年越しも正月もめでたい気分ではないけど、普段通りに過ごし
1月8日に再診へ。
この日は、貧血になってないかを調べる検査で数値が少し低く貧血気味という
事で、再度同じ検査をする事に。
その他は普段と変わらず、食欲旺盛、元気に姫乃とブヒレスしてました。
1月22日に再診へ。
貧血になってるかの検査は数値が正常値だったため、手術日が決まりました。
心電図検査も異常なしで、手術日までは普段通り過ごしました。


ここから次の更新ページへ。