KOBE育ちのフレブル 乙姫日記

神戸で育ったフレンチブルドッグの乙姫は2015年4月19日(11才6ヶ月)虹の橋を渡りました。やんちゃな妹・姫乃の散歩、お出かけ、乙姫の思い出も書いていこうと思います

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
洗濯日和の晴れ間。
天気予報では今夜からまた雨と。
明日は春の嵐に・・・と言ってたけど。


今月は久々のドッグランで遊んで、お花見してと
お出かけしてる日曜日。
そんな今月は狂犬病の注射をしておこうと
15日に病院へ。混んでて待たされること1時間半ほど。
診察室に入るとさっさと終えて帰りたい我が家の2ブヒ。
まずは姫乃の狂犬病注射と爪切り。
お利口さんに「ワン」とも言わず終了。

次は乙姫の番。と、診察台へ乗せて
先生は、乙姫の目を診て、「今日は狂犬病注射は止めましょう」と。
乙姫の目に薄い白い膜のようなものがあり
先生は「先に目を治しましょう」と。
目自体に傷やバイ菌などはなくて、炎症を起こしてるのでと
目薬をもらいました。
乙姫にはまだ診てもらわなければいけない箇所が・・・。
それは、手術の傷痕。
綺麗になりかけてたのに、姫乃が舐めてるのを
ママが発見して、その後は舐めてないけど
気になったので診てもらいました。
傷口自体は綺麗になってるので、炎症をしてる部分だけ
塗り薬を頂きました。
明日は再診日で病院へ。

病院へ行かなくてもいい月はあるのかな。
5月まで通院したら、6月のワクチンまで通院。
暑い時期は通院しなくていいように
今のうちに治してあげないと。

フィラリア検査は良かったので、フィラリア薬は
まとめて購入。(その方がお得なんです)

ランで遊ばせたいけど、通院と乙姫がヒート中。
そうそう、姫乃は今、毛が抜けてます。
毎日、ブラッシングしてます。
皮膚の炎症がひどくなる前に
乙姫の通院と合わせて、診察してもらおう。

乙姫の目にあった薄い白い膜はなくなりました。
目薬のおかげです。


今日みたいに天気がいい時間でも
ママはお仕事なので、2頭はそれぞれのゲージで
グ~グ~、ス~ス~と寝息をたてて寝ています。
ママが仕事が終わって、ゲージからだすと
ご飯までは静か~に待って、ご飯終了後は
2頭で取っ組み合いのけんかをしてるように
暴れてます。最近、取っ組み合いの始まりを
仕掛けるのは、乙姫です。
姫乃の頭を前足で「あそぼ~」と叩き
そこから始まります。
ただ、乙姫は力加減わかってるようで
姫乃の脚や首を噛んでますが、姫乃は
ギャンとも言わず、降参する時は「ゴロン」と
ひっくり返ります。それは姫乃の考えで
乙姫に隙を見せてから、し返すんです。

ランではマイペースな乙姫なので
家での話しをするとびっくりされます。
ランでたまに走ってますけどね。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://otohimeyamatooyako.blog32.fc2.com/tb.php/243-172b8150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。